さいたま市立常盤小学校
校 長  三 島 公 夫

 
皆さん、こんにちは。ようこそ常盤小学校のHPへお越しくださいました。

 本校は、昭和5年に浦和尋常小学校としての地に教育の火を燈して以来、93年の歴史と
伝統を誇る学校です。現在の校舎は、昭和47年3月、旧制浦高跡・埼玉大学文理学部跡と
いう学問の府にふさわしいこの地に完成しました。正門は、旧制浦高の門を再現した西洋風
のレンガ造り。学校の北側には校地面積の約2.5倍の公園が広がり、JR北浦和駅から
徒歩5分の立地ながら緑豊かな学校です。

 学校沿革史を紐解いてみると、開校当時の様々なことが分かります。たとえば、学校教育
方針五大項目として、「勤倹、創造、和親、規律、健康」が示されています。この五つの心は、
現在においても常盤の不易として引き継がれています。

 そこで、令和4年度の学校教育目標を引き続き、「心身ともに健康で 思いやりの心をもち 主体的に学ぶ常盤っ子の育成」とし、目指す児童像を「よく考える子(知)、思いやりのある
子(徳)、たくましい子(体)、かかわりあいを大切にする子(コミュニケーション)」と定
めました。

 また、キャッチフレーズとして「喜んで登校(出勤)、満足して下校(退勤)」を掲げてい
ます。この姿を目指し、児童も、教職員も常に切磋琢磨する常盤小学校を目指してまいります。

 私たちの生活や社会の在り方そのものが大きく変わりつつある中、これからも子どもたちの
「思い描く幸せ」の実現のため、そして、「常盤で子どもを育てたい」という保護者・地域の
方々の熱い期待に応えるため、全教職員が全力を尽くして教育活動を進めてまいります。

 皆様の御支援と御協力を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

このページのトップヘ